共催セミナー

ランチョンセミナー=LS、イブニングセミナー=ES
アニュアルコースレクチャーランチョンセミナー=ACL-LS

English Speaker English Speaker

4月15日(月)

4月16日(火)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー 1English Speaker

4月15日(月) 12:20-13:20 国立京都国際会館 1階 第1会場 Main Hall

Spondyloarthritis (SpA): New insights and implications for clinical practice
座長:
石黒 直樹 名古屋大学大学院医学系研究科 整形外科学
LS1-1
脊椎関節炎の最新治療
演者:
田村 直人 順天堂大学医学部膠原病内科
LS1-2
Pathophysiology of Spondyloarthritis : the role of IL-17A in inflammation, enthesitis, and new bone formation
演者:
Dirk Elewaut VIB Inflammation Research Center, Ghent University and Department of Rheumatology, Ghent University Hospital, Ghent Belgium
共催:
マルホ株式会社/ノバルティスファーマ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 2English Speaker

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第2会場 さくら

EGPA治療における課題と新しい選択肢
座長:
勝又 康弘 東京女子医科大学医学部膠原病リウマチ内科
LS2-1
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の臨床的特徴:他のANCA関連血管炎と比較して
演者:
佐田 憲映 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学
LS2-2
Mepolizumab, an anti-IL5 monoclonal antibody, improves disease outcomes in Eosinophilic granulomatosis with polyangiitis
演者:
Peter Howarth グラクソ・スミスクライン株式会社
共催:
グラクソ・スミスクライン株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 3

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第3会場 Room D

座長:
岡田 保典 順天堂大学 大学院医学研究科 運動器・腫瘍性疾患病態学講座
LS3
RA診療における寛解を目標としたバイオマーカーの診かた -自己抗体検査とMMP-3の使いどころ-
演者:
田中 榮一 東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター
共催:
積水メディカル株式会社/協和ファーマケミカル株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 4

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第4会場 Room E

座長:
山本 一彦 理化学研究所 生命医科学研究センター 自己免疫疾患研究チーム
LS4
関節リウマチのトータルケアのための看護師教育
演者:
房間 美恵 NTT西日本大阪病院看護部
共催:
ヤンセンファーマ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 5

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第5会場 Room C-1

座長:
桑名 正隆 日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野
LS5
全身性硬化症の早期診断と活動性評価における現状と課題点
演者:
安岡 秀剛 藤田保健衛生大学リウマチ・膠原病内科
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 6

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第6会場 Room C-2

座長:
岡山 昭彦 宮崎大学医学部内科学講座免疫感染病態学分野
LS6
リウマチ治療におけるIGRAの使い方
演者:
當間 重人 独立行政法人 国立病院機構東京病院 リウマチ科
共催:
株式会社キアゲン

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 7

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第7会場 Annex 1

バリシチニブの臨床的価値
座長:
守田 吉孝 川崎医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科
LS7-1
バリシチニブがRA治療を変える! ~関節超音波で目の当たりにする実臨床での新たな有用性~
演者:
三崎 健太 北播磨総合医療センター リウマチ膠原病内科
LS7-2
関節リウマチ治療におけるBaricitinibへの期待
演者:
押領司 健介 日本赤十字社松山赤十字病院
共催:
日本イーライリリー株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 8English Speaker

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 1階 第8会場 Annex 2

座長:
亀田 秀人 東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野
LS8
Selectivity and Specificity in the treatment of RA
演者:
John Isaacs Newcastle University, UK
共催:
アッヴィ合同会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 9

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 2階 第9会場 RoomA

血管炎症診療 up to date
座長:
天野 宏一 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科
LS9-1
抗好中球細胞質抗体関連血管炎治療の進歩
演者:
針谷 正祥 東京女子医科大学医学部膠原病リウマチ内科学講座
LS9-2
高安動脈炎の診断と治療up to date
演者:
磯部 光章 公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 10

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 2階 第10会場 RoomB-1

座長:
佐藤 慎二 東海大学医学部内科学系リウマチ内科
LS10
多発性筋炎・皮膚筋炎に合併する間質性肺炎治療 Update
演者:
五野 貴久 日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野
共催:
アステラス製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 11

4月15日(月) 12:20~13:20 国立京都国際会館 2階 第11会場 RoomB-2

座長:
川口 鎮司 東京女子医科大学 膠原病リウマチ内科
LS11
全身性強皮症に伴う肺動脈性肺高血圧症の早期診断・早期治療
演者:
岡田 正人 聖路加国際大学 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
共催:
日本新薬株式会社/アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 12

4月15日(月) 12:20~13:20 グランドプリンスホテル京都 B2階 第12会場 プリンスホール

妊娠可能年齢(WoCBA)患者の課題と治療選択
座長:
森信 暁雄 神戸大学医学部附属病院 膠原病リウマチ内科
LS12-1
母児にとってベストな治療戦略とは-母性内科の立場から-
演者:
村島 温子 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター/妊娠と薬情報センター
LS12-2
「RA診療におけるWoCBA(Women of Child-Bearing Age)患者の治療戦略」
演者:
土橋 浩章 香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科
共催:
ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 13

4月15日(月) 12:20~13:20 グランドプリンスホテル京都 B2階 第13会場 ゴールドルーム

関節リウマチ治療のパラダイムシフト
座長:
田中 栄 東京大学医学部附属病院整形外科
LS13-1
関節リウマチ薬物治療における治療継続率の意義 -エタネルセプト再考-
演者:
平野 裕司 豊橋市民病院リウマチ科
LS13-2
新たな治療選択肢としてのバイオシミラー
演者:
松野 博明 医療法人社団松緑会 松野リウマチ整形外科
共催:
あゆみ製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 14English Speaker

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第1会場 Main Hall

座長:
住田 孝之 筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
LS14
The immunomodulating effects of abatacept correlate with clinical effectivity
演者:
Tom W.J. Huizinga Friedrich-Alexander University of Erlangen-Nuremberg, Germany.
共催:
ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 15

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第2会場 さくら

新時代の関節リウマチ治療
座長:
鎌谷 直之 株式会社スタージェン/医療人工知能研究所
LS15-1
関節リウマチにおける生物学的製剤の医療経済学的問題点と今後の展望
演者:
田中 榮一 東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター
LS15-2
関節リウマチにおける生物学的製剤治療の最適化
演者:
中野 和久 産業医科大学 第1内科学講師
共催:
帝人ファーマ株式会社/株式会社陽進堂

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 16

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第3会場 Room D

座長:
田中 良哉 産業医科大学医学部第1内科学講座
LS16
JAK阻害剤の基礎と臨床
演者:
山岡 邦宏 北里大学医学部膠原病・感染内科学
共催:
ギリアド・サイエンシズ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 17

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第4会場 Room E

座長:
川村 智行 大阪市立大学大学院発達小児医学教室
LS17
RA患者と医療者の間をつなぐ動機づけ面接 ~押し付け指導ではなく,患者が自ら求める指導へ~
演者:
原井 宏明 原井クリニック(株)/原井コンサルティング&トレーニング/一般社団法人日本動機づけ面接協会
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 18

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第5会場 Room C-1

座長:
田中 栄 東京大学大学院医学系研究科整形外科学
LS18
関節リウマチにおける疼痛管理と骨粗鬆症対策
演者:
松下 功 富山大学医学部 整形外科 
共催:
大正富山医薬品株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 19

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第6会場 Room C-2

乾癬性関節炎及び掌蹠膿疱症における治療戦略について
座長:
岡田 正人 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
LS19-1
PsAにおけるトレムフィアの有用性について
演者:
辻 成佳 国立病院機構 大阪南医療センター リウマチ・膠原病・アレルギー科/免疫異常疾患研究室
LS19-2
皮膚科医からみた掌蹠膿疱症の診療
演者:
照井 正 日本大学医学部皮膚科学系皮膚科学分野
共催:
ヤンセンファーマ株式会社/大鵬薬品工業株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 20

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第7会場 Annex 1

IL-6シグナル阻害治療の特徴を活かした関節リウマチの治療
座長:
持田 勇一 横浜市立大学附属市民総合医療センターリウマチ・膠原病センター
LS20-1
分子標的薬時代の関節リウマチ手術
演者:
猪狩 勝則 東京女子医科大学整形・膠原病リウマチ痛風センター
LS20-2
レセプトビッグデータを用いた分子標的薬有効性
演者:
高林 克日己 三和病院/千葉大学医学部附属病院企画情報部
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 21English Speaker

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第8会場 Annex 2

座長:
川上 純 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻
LS21
Managing Remission in RA
演者:
Paul Emery Leeds Institute of Rheumatic and Musculoskeletal Medicine, University of Leeds, UK
共催:
ファイザー株式会社/武田薬品工業株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 22

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 2階 第9会場 RoomA

実臨床から紐解いたSpA治療におけるTNF阻害薬の役割
座長:
田村 直人 順天堂大学医学部膠原病内科 
LS22-1
乾癬性関節炎の疾病負担とTNF阻害治療による克服
演者:
亀田 秀人 東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野
LS22-2
強直性脊椎炎治療におけるTNFα阻害剤の役割
演者:
門野 夕峰 埼玉医科大学 整形外科
共催:
アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 23

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 2階 第10会場 RoomB-1

座長:
宗圓 聰 近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科
LS23
新時代の関節リウマチ治療
演者:
竹内 勤 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
共催:
第一三共株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 24

4月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 2階 第11会場 RoomB-2

座長:
高橋 裕樹 札幌医科大学医学部 免疫・リウマチ内科学
LS24
リウマチ医が知っておきたい感染症・呼吸器合併症のマネージメント
~診断・治療・予防の実際~
演者:
齋藤 和義 戸畑総合病院/産業医科大学 第一内科
共催:
オックスフォード・イムノテック株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 25

4月16日(火) 12:30~13:30 グランドプリンスホテル京都 B2階 第12会場 プリンスホール

座長:
髙崎 芳成 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
LS25
関節リウマチの寛解導入・維持療法を再考する
演者:
松本 功 筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
共催:
ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 26

4月16日(火) 12:30~13:30 グランドプリンスホテル京都 B2階 第13会場 ゴールドルーム

リウマチ様症状に潜む希少疾病の診断と治療
座長:
ピーター シェーン 北海道大学病院 国際医療部
LS26-1
成人低ホスファターゼ症:リウマチ内科外来に潜んでいる成人骨代謝性疾患
演者:
伊東 伸朗 東京大学医学部附属病院 腎臓・内分泌内科
LS26-2
当院で診断した成人型低ホスファターゼ症(HPP)を通して~リウマチ医の目線から~
演者:
吉田 健志 松山赤十字病院 リウマチ膠原病センター
共催:
アレクシオンファーマ合同会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 27

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第1会場 Main Hall

座長:
渥美 達也 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室
LS27
進化するIL-6阻害療法ーサリルマブの特徴と使い方ー
演者:
橋本 求 京都大学医学部附属病院 リウマチセンター
共催:
旭化成ファーマ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 28

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第3会場 Room D

Bio全盛期のRA治療における経口DMARDsの可能性を考える
座長:
川人 豊 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学 膠原病・リウマチ・アレルギー科
LS28-1
薬理作用からみたイグラチモドの使い処
演者:
蛯名 耕介 大阪大学大学院医学研究科 器官制御外科学
LS28-2
経口DMARDsによるRA治療の新たな展開~イグラチモドを中心に~
演者:
岡田 正人 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
共催:
エーザイ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 29

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第4会場 Room E

ループス腎炎患者のQOL向上を目指した長期治療戦略
座長:
石井 智徳 東北大学病院臨床研究推進センター臨床研究実施部門
LS29-1
SLE患者のQOLにおける定量的評価の重要性と疾患特異的QOL尺度【日本語版LupusPRO】の有用性
演者:
井上 満代 兵庫医療大学看護部 看護学科
LS29-2
QOL向上を目指したSLE患者の長期管理
演者:
矢嶋 宣幸 昭和大学医学部 内科学講座 リウマチ膠原病内科学部門
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 30

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第5会場 Room C-1

座長:
安岡 秀剛 藤田医科大学 リウマチ・膠原病内科学
LS30
結合組織病に伴う肺動脈性肺高血圧症の診療-WSPH2018以降どのように変わるのか?-
演者:
加藤 将 北海道大学病院 内科Ⅱ
共催:
バイエル薬品株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 31

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第6会場 Room C-2

座長:
有村 義宏 吉祥寺あさひ病院
LS31
ANCA関連血管炎診療の現状と課題
演者:
土橋 浩章 香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科学
共催:
全薬工業株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 32

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第7会場 Annex 1

座長:
天野 宏一 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科
LS32
関節リウマチ治療のこれまでとこれから
演者:
山岡 邦宏 北里大学医学部膠原病・感染内科
共催:
アステラス製薬株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 33

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 1階 第8会場 Annex 2

運動器慢性疼痛に関する最新の知見
座長:
紺野 愼一 福島県立医科大学医学部整形外科学講座
LS33-1
変形性膝関節症の病態と治療戦略
演者:
松田 秀一 京都大学大学院医学研究科 整形外科学
LS33-2
運動器慢性疼痛の病態生理と診療上の課題:ペインクリニックの立場より
演者:
井関 雅子 順天堂大学医学部 麻酔科学・ペインクリニック講座/順天堂大学大学院医学研究科 疼痛制御学
共催:
日本イーライリリー株式会社/ファイザー株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 34

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 2階 第9会場 RoomA

全身性エリテマトーデスに対する治療の進歩と課題
座長:
田中 榮一 東京女子医科大学医学部膠原病リウマチ内科学
LS34-1
全身性エリテマトーデスの新規治療薬「べリムマブ」のポテンシャル
演者:
西山 進 一般財団法人倉敷成人病センター リウマチ・膠原病センター
LS34-2
全身性エリテマトーデスと妊娠
演者:
村島 温子 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター
共催:
グラクソ・スミスクライン株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 35

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 2階 第10会場 RoomB-1

自己炎症性疾患の診療Update~狭義から広義まで~
座長:
藤尾 圭志 東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 アレルギー・リウマチ学
LS35-1
成人における自己炎症性疾患の診断と治療
演者:
大村 浩一郎 京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学
LS35-2
全身型若年性特発性関節炎治療における生物学的製剤の位置づけと実際
演者:
森 雅亮 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 生涯免疫難病学講座
共催:
ノバルティスファーマ株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 36

4月17日(水) 12:10~13:10 国立京都国際会館 2階 第11会場 RoomB-2

シェーグレン症候群の新たな知見と、早期・継続治療意義について
座長:
住田 孝之 筑波大学医学医療系内科 膠原病・リウマチ・アレルギー
LS36-1
シェーグレン症候群の診断と病態 ~皮膚科医の視点を交えて~
演者:
室 慶直 名古屋大学大学院医学系研究科 皮膚科学分野
LS36-2
シェーグレン症候群診療のエビデンス
演者:
川上 純 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻 リウマチ・膠原病内科学分野
共催:
キッセイ薬品工業株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 37

4月17日(水) 12:10~13:10 グランドプリンスホテル京都 B2階 第12会場 プリンスホール

薬剤特性から考える関節リウマチ治療の最適化
座長:
田中 栄 東京大学大学院医学系研究科整形外科学
LS37-1
私はアバタセプトをこう使っている!~T cell interactionに着目した生物学的製剤の臨床現場での立ち位置~
演者:
三崎 健太 北播磨総合医療センター リウマチ・膠原病内科
LS37-2
RA治療における実臨床データの重要性
演者:
石黒 直樹 名古屋大学医学部 整形外科
共催:
ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社

ページの先頭へ

ランチョンセミナー 38

4月17日(水) 12:10~13:10 グランドプリンスホテル京都 B2階 第13会場 ゴールドルーム

座長:
川口 鎮司 東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター
LS38
全身性強皮症に伴う間質性肺疾患の疾患自然歴と進行予測
演者:
桑名 正隆 日本医科大学アレルギー膠原病内科
共催:
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー

イブニングセミナー 1

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 第1会場 Main Hall

関節リウマチUP TO DATE
座長:
川人 豊 京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫内科学 膠原病・リウマチ・アレルギー科
ES1-1
アバタセプトの安全性と有用性~安全第一~
演者:
岸本 暢将 聖路加国際病院 Immuno-Rheumatology Center
ES1-2
RA薬物治療の最適化 ~現状の問題点と今後の展望~
演者:
竹内 勤 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
共催:
ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 2English Speaker

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 1階 第3会場 Room D

全身性エリテマトーデス
座長:
田中 良哉 産業医科大学医学部第1内科学講座
ES2-1
全身性エリテマトーデス治療の標準化
演者:
渥美 達也 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室
ES2-2
The problem of glucocorticoids in SLE, and pathways to a solution
演者:
Eric Morand Faculty of Medicine, Nursing and Health Science, School of Clinical Science at Monash Health, Monash University, Melbourne, Australia
共催:
サノフィ株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 3

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 1階 第5会場 Room C-1

ベーチェット病の最新の話題を紐解く
座長:
廣畑 俊成 信原病院
ES3-1
ベーチェット病の病態と病像の変遷
演者:
岳野 光洋 日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野
ES3-2
ベーチェット病特殊病型の診断と最新治療
演者:
菊地 弘敏 帝京大学医学部 内科
共催:
セルジーン株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 4

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 1階 第6会場 Room C-2

EBMの実践におけるShared Decision Making (SDM)の重要性
座長:
天野 宏一 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科
ES4-1
EBMの実践におけるShared Decision Making (SDM)の重要性
演者:
中山 健夫 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻健康情報学分野
ES4-2
EBMの実践におけるShared Decision Making (SDM)の重要性
演者:
金子 祐子 慶應義塾大学病院リウマチ・膠原病内科
ES4-3
EBMの実践におけるShared Decision Making (SDM)の重要性
演者:
林 綾野 済生会横浜市東部病院 看護部
共催:
日本イーライリリー株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 5English Speaker

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 1階 第7会場 Annex 1

IL-6シグナル阻害治療の最新情報
座長:
山本 一彦 理化学研究所生命医科学研究センター
髙崎 芳成 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
ES5-1
関節リウマチにおけるIL-6阻害の有用性
演者:
山岡 邦宏 北里大学医学部膠原病・感染内科学
ES5-2
Treatment optimization in RA - For Patients -
演者:
Andrew Östör Department of Medicine, Monash University.Associate Professor
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 6

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 1階 第8会場 Annex 2

座長:
土橋 浩章 香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科
ES6
肺病変を伴うCTD-PAHの診断・治療の現状と今後の課題
演者:
加藤 将 北海道大学・内科II
共催:
日本新薬株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 7

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 2階 第9会場 RoomA

関節リウマチ治療におけるJAK阻害剤の展望
座長:
田村 直人 順天堂大学医学部膠原病内科 
ES7-1
トファシチニブの有効性を読み解く
演者:
森信 暁雄 神戸大学大学院医学研究科内科学講座免疫内科学部門
ES7-2
関節リウマチにおけるトファシチニブの安全性情報アップデート
演者:
藤尾 圭志 東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 アレルギー・リウマチ学
共催:
ファイザー株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 8

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 2階 第10会場 RoomB-1

患者視点からみた関節リウマチ治療~新規治療を含む現状と将来~
座長:
小嶋 俊久 名古屋大学大学院医学系研究科 整形外科 
ES8-1
疾患活動性制御下で行うModern Rheuma-Surgery―薬剤管理とPRO
演者:
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科
ES8-2
内科的視点からみた生物学的製剤の使い分け
演者:
藤井 隆夫 和歌山県立医科大学医学部リウマチ・膠原病科学講座
共催:
日本化薬株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 9

4月15日(月) 17:10~18:40 国立京都国際会館 2階 第11会場 RoomB-2

脊椎関節炎ベーシックセミナー
座長:
冨田 哲也 大阪大学大学院医学系研究科
小林 茂人 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 内科
ES9-1
掌蹠膿疱症性骨関節炎とSAPHO症候群 ~皮膚科からみた両者の考え方~
演者:
山本 俊幸 福島県立医科大学医学部皮膚科学講座
ES9-2
X線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎の鑑別診断
演者:
門野 夕峰 埼玉医科大学 整形外科
ES9-3
SpAと間違えられる機能性疼痛症候群の診断と対応法
演者:
三木 健司 大阪行岡医療大学 医療学部/早石病院 整形外科・疼痛医療センター/認定NPO法人 いたみ医学研究情報センター/行岡病院 リウマチ科
共催:
アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社/田辺三菱製薬株式会社/日本イーライリリー株式会社/ノバルティスファーマ株式会社/ヤンセンファーマ株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 10

4月15日(月) 17:10~18:40 グランドプリンスホテル京都 B2階 第12会場 プリンスホール

高齢者治療を考える
座長:
三森 経世 京都大学大学院医学研究科 内科学講座 臨床免疫学
ES10-1
フレイル・サルコペニアの予防と対策
演者:
荒井 秀典 国立長寿医療研究センター
ES10-2
サルコペニアを伴う高齢RA患者の治療戦略
演者:
橋本 求 京都大学医学部附属病院リウマチセンター
共催:
ヤンセンファーマ株式会社/田辺三菱製薬株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 11English Speaker

4月16日(火) 17:15~18:45 国立京都国際会館 1階 第1会場 Main Hall

Treat-to-Target in Rheumatoid Arthritis: past, present and future
座長:
石黒 直樹 名古屋大学医学部 整形外科
ES11-1
Treat-to-target (T2T): strategic effectiveness and challenges in the new decade
演者:
Josef S. Smolen Medical University of Vienna, Austria
ES11-2
新たなエビデンスから再考するT2T治療戦略の意義
演者:
竹内 勤 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科
共催:
アッヴィ合同会社/エーザイ株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 12

4月16日(火) 17:15~18:15 国立京都国際会館 1階 第3会場 Room D

座長:
安岡 秀剛 藤田医科大学 リウマチ・膠原病内科学
ES12
リウマチ性疾患患者の呼吸器感染症リスク-肺炎球菌ワクチンの話題を交えて-
演者:
田坂 定智 弘前大学大学院医学研究科 呼吸器内科学講座
共催:
ファイザー株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 13

4月16日(火) 17:15~18:45 国立京都国際会館 1階 第4会場 Room E

乾癬性関節炎に対する経口剤の新たな治療選択
座長:
乾 健太郎 大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学
ES13-1
Rheumatologistからみた乾癬性関節炎の治療戦略
演者:
岸本 暢将 聖路加国際病院 リウマチ膠原病センター
ES13-2
乾癬性関節炎診療におけるPDE4阻害剤のポジショニング
演者:
山口 由衣 横浜市立大学大学院医学研究科環境免疫病態皮膚科学
共催:
セルジーン株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 14

4月16日(火) 17:15~18:45 国立京都国際会館 1階 第5会場 Room C-1

座長:
佐野 統 京都岡本記念病院 院長
ES14
先行品からバイオシミラーへの切り替えは本質的に問題ないか?
演者:
松野 博明 松野リウマチ整形外科
共催:
日医工株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 15English Speaker

4月16日(火) 17:15~18:45 国立京都国際会館 1階 第7会場 Annex 1

Treatment for Rheumatic diseases -the past, the present, and the future -
座長:
山本 一彦 理化学研究所生命医科学研究センター 自己免疫疾患研究チーム
ES15-1
関節リウマチにおける分子生物学的進歩のbench to bedside
演者:
藤尾 圭志 東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻 アレルギー・リウマチ学
ES15-2
The future of rheumatoid arthritis therapies: from life-changing to life-saving.
演者:
Gurkirpal Singh Stanford University
共催:
田辺三菱製薬株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 16

4月16日(火) 17:15~18:15 国立京都国際会館 1階 第8会場 Annex 2

座長:
松原 司 松原メイフラワー病院
ES16
関節リウマチ治療におけるバイオ医薬品・分子標的治療薬の位置づけ
演者:
川上 純 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻リウマチ・膠原病内科学分野
共催:
ファイザー株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 17English Speaker

4月16日(火) 17:15~18:45 国立京都国際会館 2階 第9会場 RoomA

バリシチニブの臨床的価値
座長:
森信 暁雄 神戸大学大学院医学研究科 内科学講座 腎臓・免疫内科学分野 免疫内科学部門
ES7-1
RA治療におけるバリシチニブの有用性
演者:
亀田 秀人 東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野
ES7-2
The JAK Era has Come
演者:
Gerd R. Burmester Charite-University Medicine, Berlin
共催:
日本イーライリリー株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 18

4月16日(火) 17:15~18:45 グランドプリンスホテル京都 B2階 第12会場 プリンスホール

Immunological Remissionを達成する為の薬剤選択とは
座長:
渥美 達也 北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室
ES18-1
関節リウマチにおける自己抗体の病因的意義
演者:
桑名 正隆 日本医科大学アレルギー膠原病内科
ES18-2
関節リウマチおけるバイオマーカーと薬剤選択への応用
演者:
田中 良哉 産業医科大学医学部第1内科学講座
共催:
ユーシービージャパン株式会社/アステラス製薬株式会社

ページの先頭へ

イブニングセミナー 19

4月16日(火) 17:15~18:45 グランドプリンスホテル京都 B2 第13会場 ゴールドルーム

リウマチ手の外科2019 タイトコントロール時代のリウマチ手の外科~基本から難治例を考える~

【パネルディスカッション】

座長:
石川 肇 新潟県立リウマチセンター
桃原 茂樹 医療法人社団 博恵会/慶應義塾大学
パネリスト:
秋田 鐘弼 独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター整形外科
池上 博泰 東邦大学医学部整形外科学講座
正富 隆 行岡病院 整形外科 手の外科センター

【特別講演】リウマチ手関節手術の基本手技と難治例への対応

座長:
中川 夏子 兵庫県立加古川医療センターリウマチ科・整形外科
演者:
西田 圭一郎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体機能再生・再建学講座 整形外科
共催:
中外製薬株式会社

ページの先頭へ

アニュアルコースレクチャーランチョンセミナー

アニュアルコースレクチャーランチョンセミナー

4月14日(日)11:55~12:55 国立京都国際会館 1階 アネックスホール

座長:
山本 一彦 理化学研究所生命医科学研究センター 自己免疫疾患研究チーム
ACL-LS
最近の副作用発現状況を踏まえたMTXの適正使用
演者:
鈴木 康夫 東海大学医学部 内科学系リウマチ内科学
共催:
ファイザー株式会社

ページの先頭へ

Copyright © 第63回 日本リウマチ学会総会・学術集会. All Rights Reserved.